転職活動では面接対策が重要といわれますが、どんなに対策してもなかなかうまくいかないのもまた事実です。転職活動での面接は学校の入学試験などとは違い、こう答えておけば大丈夫という正解がありません。同じ質問をされたとしても企業によって求める回答は変わりますから、あまり有効な模範解答はないといったほうがいいでしょう。面接官が好印象を抱く人物というのは、求めている人材によっても異なります。

 

ベンチャー企業と大企業では必要としている人材のタイプが異なりますから、たとえ面接がうまくいかなかったとしても必要以上に落ち込む必要はありません。能力やスキルは転職活動を有利に進める材料ですが、単純な能力の優劣だけで採用が決まるのではなく企業側との相性の問題もあります。面接対策で重要なのは、模範解答を用意しておくことではありません。ウソをつかずに誠実に対応する姿勢と、自分を売り込むアピール力が重要になります。面接の模範解答はなかったとしても、模範的な態度で面接に臨むことは必要です。

 

例えば、企業研究は面接時に必須の作業ですが、企業について詳しく調べておくことを好ましく思う企業もあれば、逆にしつこさを感じ取って不快感を抱く企業もあります。必ずしも熱心な態度をアピールすることがプラスに働くとは限りません。準備をしておくことは重要ですが、知識をひけらかすようなアピール方法だと相手に不快感を与えてしまうので注意してください。



このページの先頭へ戻る