転職活動の面接は、事前準備をしっかり行いましょう。

 どんな企業の採用試験でも、面接は避けて通れません。しかし、書類選考は何度も突破できるのに、面接では緊張感から言いたいことも言えず、不合格になってしまう方も少なくはありません。転職活動の面接では、面接採用官から定番の質問も数多くあるので、最低限、そうした質問にはスラスラと答えられるようにしましょう。その定番の質問とは、在職者の場合は現在の仕事の内容や様子は必ず聞かれます。そして、在職者であっても離職者であっても聞かれるのが、企業や職種の志望動機、前職退職理由などです。特殊な職種でもなければ、ほぼこうした話に終始するといってもよいでしょう。

 

各世代で転職の際の面接で心がけることとは?

 まず20代の方は、使い慣れていない敬語などは、面接の際に話しても、かえってうまく話せないだけです。こうした言葉を無理に話し、面接官に悪い印象を与えてしまってはもったいないので、日頃から基本的な敬語はマスターするようにしましょう。そして30代の方です。よくあるのが「御社でキャリアアップを目指します」といった言葉です。これでは具体性がなく、マニュアル通りの答えにしか聞こえないため、応募企業を研究しながら、自分はどんな将来を目指していくのかをPRしましょう。最後に40代の方々ですが、倒産やリストラで仕方なく転職活動をされている方も多いようですが、そうした事実は仕方ないことだとしても、そうした環境の中で、自分はどのような努力をしているのかを熱くPRしましょう。以上が各世代のポイントです。頑張ってください。


このページの先頭へ戻る